児童相談所で面談その2

昨日、児童相談所へ娘の近況を聞きに行ってきました。
娘はそこそこ楽しく過ごしているようです。
施設内では、年上の女の子に甘えたり、色々な話をしたりしているということでした。残念ながら相談員の方は家出の原因を聞き出すことは出来なかったようです。相談員も受け持つ子供が多いので、毎日かかりきりになれないので時間がかかりますよね。
まあ、理由はパパへの嫌がらせだと思っているんですけどね。

娘と心理士との面談もして頂いたようで、小学校2年生にとしては大人びているという印象だったようです。もう一度、来週に2回目の面談をする様なのでその時にもう少し突っ込んだ話をしてもらえるのかな?
来週には私と心理士との面談をセッティングして頂きました。
さて、どんな話ができるのか楽しみです。

家出や不登校の話はママ友や友人にも話しにくいので
その話が相談員とできるのはホントにガス抜きになります。
ギリギリまで利用しなかった自分が言うのもなんですが、とくにひとり親の方は気軽に利用してガス抜きしましょう。

娘の大人びているエピソードをひとつ
中学生「高校に入って友達作るために勉強してるよ。」
小2娘「高校行かなくてもバイトでも友達作れるじゃん!」