「こども手帳」を作ってみた

2018年5月18日

水をはじく手帳

ラジオ(FMヨコハマのちょうどいいラジオ)に出演していた石田勝紀さんが紹介していた「こども手帳」を作って、手伝いを極たまにしかしない娘に手伝いの癖を付けられるか試してみることに。

まずは、娘と一緒に手帳を買いに行きました。
色々みていると普通に「こども手帳」が売ってるし。中を見てみると、事細かにたくさん書くところがあります。これは小学校2年生の字を書くのが好きじゃない娘には無理だと心でつぶやき。「別の手帳を探そうか」と言いながら、別の手帳コーナーへ

石田勝紀さんは「子供が気に入った手帳がいい」と言っていた気がするので、
「このノートだとマスが大きくていいよ?」とか、
「こっちは小さすぎるんじゃない?」とかアドバイスしながら娘が決めたのが写真の「水を弾く紙を使ったメモ帳」
スゴく気に入ったみたいなのでこちらを購入!

家に帰るとサッソク使いました。
石田勝紀さんからは色々説明があったのですが、手伝いなどができたときにポイントを付けてそのポイントでお金に換えたり、プレゼントに換えたりしてヤル気を起こさせるらしい!
『子供がガチャガチャを回すのに「200ポイント貯めるのは大変なんだよなぁ」と子供が話した』との事、このセリフ娘にも言わせたい!!

なので、とりあえず手伝いとポイントの部分だけやることに。
初めの項目は
・片付け
・玄関の靴並べ
です。

そして、寝る前にゴキゲンでポイント稼いでいました(笑)